おまんこスーパー・リアリズム

おまんこスーパー・リアリズムは二次元表現をつきつめて、可能性の限界に挑戦した時代のスタイルのこと。

作家性よりもむしろ、その作品の唯物性に重点を置いた、とってもクールな様式を指します。おまんこを凝視しているとその向こう側にゆるぎない個人のアイデンティティーがはっきりと表れる。主体性を端的に描き表すにはこの技法が最も効率的かつ画期的であることはこのことによって証明されたのだ。コンピューターグラフィックスが便利になった今日でも、具象という概念を私達が追及しようとするとき、必ずこのカテゴリーを通りすぎることになるでしょう。

日常をしっかり捉えることが到達のための絶対条件となる。主体性を一時的に停止することで、一般の創作活動では表現することのできない領域に達することが可能になる。写真さえも超越した、視覚的表現は1980年代のアメリカ西海岸ですでにその技法が確立したと言えるだろう。