おまんこ後期印象派

室内の間接照明よりもナチュラルで明確なロケーションを目指す人々がいた。
おまんこ後期印象派は野外へ向かう。自然の光を頼りに美しいものを追及したそれまでにはない人たちの記録と言える。ナチュラルな光源にさらされた「おまんこ」は神々しいオーラを放ち続けています。この大きな力に導かれるように筆を執ればあなたのセンスがキャンバスに流れ込みます。これが一番やりたかったこと!その瞬間に全てが分かるでしょう。勇気をふるってドアの外へ一歩を踏み出してみよう。昨日とは全く違った自分に会えるかもしれない。
部屋から飛び出すと自然な太陽の光に感動する。おまんこをより完全なライティングで観察するならドアの外が適切だと思う。後期印象派のポテンシャルは一気に最高潮に達する。見たこともない世界がそこにはあった。持ち運びできるイーゼルを折りたたんだバックパックはこれから来るであろう希望をたくさん詰め込むことが可能だ。そして未来へ歩いてゆく・・・。