おまんこジャポニスム

おまんこジャポニスムは1900年代のヨーロッパにおける日本情緒が一世を風靡した文化のことです。当時日本からの主な輸出品は陶器がほとんどでしが、それを海上輸送する際の梱包材として、国内で大量に出回っていた浮世絵に包んで運んだことが発端となります。これらに強く興味を持った西洋人はイマジネーションの中で、巨大に増殖され、欧州を席巻する一大ブームを引き起こすのです。




この美しさに魅かれた彼らは、その強烈なおまんこの色彩を油絵でも表現しようとしました。単純化されたフォルム、強烈な色彩。それらは彼らにとって今までに見たこともない衝撃だったに違いありません。こうして偶然にも空前の日本ブームが巻き起こることになったのです。