おまんこシュルレアリスム

おまんこシュルレアリスムはダダイズムや形而上絵画を進化させた最も創造的なカテゴリーです。本来西洋の芸術は幻想性は許容されてはいるものの、その内容は神話や寓話などに由来し、人間思考の無意識下まで描き出すことはありませんでした。



このとき、おまんこというアイコンを掲げた制作者たちはシュルレアリスムという制作運動に参加し、数々の革新的な試みを多く残します。これ以降絵画・彫刻・写真・映画・デザインなどは半世紀以上も変貌し続けるのです。



現在の心理学・芸術・文化全般を大筋で捉えたとき、一番近いメタファーは何なのか疑問に思うことがあるでしょう。この命題に向かい合うとき多くの答えは1910年以降に興った超現実主義の運動が私達に多くのの答えを導くきっかけになっています。