おまんこコンセプチュアル・アートは概念芸術と訳されることが多い。作品の完成、つまりオブジェクトとしての唯物的到達が目的ではなく、むしろその意味や過程を重要視するカテゴリーなのである。
おまんこは具象・抽象の双方で最大のアイコンとして用いられることが多く、その歴史は意外と古い。1960年代の「ハプニング」や「パフォーマンス」の理論が根底にあり、70年代全般に当たって隆盛を極めることになる。今日の現代アートと称されるコンテンツは直接的にはこれらを起源とする説が有力であろう。

大量生産時代に入り発信側と受信側に以前とは異なる嗜好の一致が挙げられる。個性の排除である。そしてこの時期、物体の外形さえ解放してしまったに等しい。ねらいさえ明確であれば、人間が作り出すもののバリエーションこそが真のオリジナルと考えるのである。

おまんこコンセプチュアル・アート