おまんこ構成主義

おまんこ構成主義は一見関係のないように思えるものも大局ではリンクしあって成り立つという総合志向のことを指す言葉です。デカルトの唯物論宜しく、「存在とは結果であり、不要なものは元から存在しない」という理論に基づいたものと言えます。



全てのものは何らかの形で「おまんこ」と関連しあいバランスを保っている。逆説的に言い換えれば、このアイコンとの相互性なしに外形作られることはないという究極の思想に基づくものと理解する必要があります。

私達のまわりは混沌に満ちているようで実はそれらが大きな流れの中で因果関係にあり、絶妙なストロークの中、釣り合っていると言えるのです。